保育のプロ!保育士の仕事はこんなに魅力的!

保育士さんってどんな人が向いてる?

子供が好きで子供と関わることのできる仕事をしたいという人には魅力的に見える保育士という仕事ですが、子供が好きというだけでは保育士に向いているとは言えません。子供はものすごいスピードで成長していきます。子供の発達段階において必要な教育方法があるので様々な面から子供をサポートしていける知識などが必要になります。ときには子供のために厳しく叱ることができ、どのようにすれば子供が心も体も成長していけるのか考えられる人が保育士に向いていると言えます。

保育士さんはこどもと一緒に成長していく

保育園によって子供の学びのために様々なプログラムが組まれています。遠足や運動会、お遊戯会や調理実習など様々です。その為のには準備や練習は時間がかかりとても大変です。しかし、そのなかで様々な知識を身につけ経験していくことで保育士自身にも刺激となり良い経験となります。また子供たちはとても素直で思いやりの心があります。泣いている友達がいれば優しく声をかけたり話を聞いてあげる子もいます。大人の私たちが気づかないことを子供たちが教えてくれる時もあり、保育士は子供たちと共に成長していくのです。

保育士が感じるやりがい

保育士の仕事は子供たちの身の回りのお世話だけでなく、子供たちの成長のために様々なプログラムを考え実行します。子供と共に生活し、学ぶことで子供たちと共に成長することができます。入園した頃はミルクを飲んでいた子がハイハイできるようになり、歩き始め、言葉を喋れるようになります。子供の成長過程を身近で感じることができ「先生だいすき」と言われたときは愛おしくなり頑張ってきて良かったとやりがいを感じることができる魅力的な仕事です。

賃金の安さや過酷な労働環境ということから、保育士の数が減少傾向にありますが、保育所の労働環境や賃金が改善されつつあるので、保育士の求人は働くやすくなりつつあります。