この弁護士・・・本物?偽物?調べる方法があった!

弁護士には登録番号があります。

弁護士は弁護士免許を取得後には日本弁護士連合会に登録する必要があります。日本弁護士連合会に登録をしないと弁護士免許を取得していても弁護士活動ができません。日本弁護士連合会に登録すると一人ひとりの弁護士に対して、登録番号が振り分けられます。弁護士に振り分けられた登録番号は5ケタの番号なので、全ての弁護士が聞かれても直ぐに答えることができるでしょう。自分の登録番号が直ぐに言えない弁護士は日本弁護士連合会に登録していない可能性が極めて高くなります。

弁護士は登録番号がないと弁護士活動はできません。

日本弁護士連合会に登録している弁護士は全てが日本弁護士連合会のホームページに氏名・登録番号・電話番号・住所などが全て記載されています。日本弁護士連合会のホームページに記載がない弁護士は弁護士活動ができない弁護士になります。日本弁護士連合会に登録していない弁護士が法律事務を行った場合には、非弁行為として犯罪になるでしょう。弁護士の登録番号は一度、登録をして番号を取得しても病気や出産によって一回弁護士登録を抹消して、新たに登録番号を取得した場合には登録番号が変わります。

見た目で弁護士を見抜く

弁護活動をするためには、弁護士免許を取得後に日本弁護士連合会に登録しなければいけません。しかし、日本弁護士連合会に登録していない又は、弁護士免許を取得していない者が弁護活動をすると非弁行為と言う犯罪になります。また、弁護士免許を取得している者が日本弁護士連合会に登録し、弁護活動をするときには弁護士バッジを身につけなければ、いけないことになっています。つまり、見た目で判断する場合には弁護士バッジを身に着けているか確認しましょう。

効率的な保育園の求人の探し方は、専門の求人サイトを活用することです。メールで相談することで、最適な仕事を紹介してもらえます。